1, 超一流選手とは

ウイルフレッド ゴメスの独特の左ジャブ → → 常識とは異なるゴメスの左ジャブ。

ゴメスの右ストレート
→ → 打ち方はよくない。

人間の限界に近いゴメスの左フック 
→ 全盛期のゴメスの左フックを受けてダメージを感じないボクサーは同じ階級にはいない。

ゴメスのスウェーバック 
→ → ジャブと共通するゴメスのスウェー

ゴメスのコンビネーションブロー 

沢村栄治投手とウイルフレッド ゴメスの共通肉体的資質
→ → いまだに理解されていない超一流選手の肉体的条件とその改善法

          
       
         


2, 柔軟性

柔軟性の本質を外れる柔軟体操 → 柔軟性の本質を理解していない現代のスポーツ医学

柔軟性を分析すると
 → 病気の本質と共通する柔軟性の正体

柔軟性を増す二つの方法

日常的に柔軟性を増す二つの方法

ボクシングに強い関連性がある柔軟性と、その強化法

知られていない柔軟性の本質
 → 私の出会った人で柔軟性の本質を見抜いていたのは一人だけである。
    




   


3, 減量とコンディション

減量で体力が増す根拠 → → 減量で作られるボクシングのコンディション

ボクサーが陥り易い錯覚 
→ → 体の根底を覆す真の理論

体力を弱める食物と強める食物 
→ → 摂取を間違えると練習の努力が無駄になる
            


       

4, 勘

勘を決定する二つの要素 → → 先天的なもの+技術

勘と密接な関係がある重心移動 
→ 構え方と勘は密接な関係がある。

       

5, スタミナ

一分間、練習を見ただけでスタミナのある・なしを見分ける方法

スタミナの本質と強化打開方

スタミナ強化と関連性が薄いロードワーク
→ → ロードワークの効用は別のところにある

先天的要素が強いスタミナも、間違った定理「現代主流の理論」を改善すれば強化出来る





       

6, ハート



先天的要素が強いハート「精神的素質」

ハートのないボクサーは力を温存する。




      

7, テクニックと実戦



実戦で身に付いたテクニックが強い

高度のテクニックを必要とするクロスカウンターの意外な練習の仕方は


             






8, 最善のボクシング上達法



限界を打ち破る方法と原理

体調の進行の仕方を理解出来た時、思いついたオーバーワーク対策法
 →  筆者がやり残した「現役中は思いつかなかった」飛躍的な練習法。注意点もあるが、飛躍的に伸びる可能性を秘めている練習法。


       

9, ボクサーの体の手入れ



試合後注意する事 → →体の好不調に強い関連性のある腎臓の意外な強化法とその原理

        

10, ロードワーク



ロードワークの時間帯
        
スタミナ以外の要素が強いロードワークの本質

ボクサーがロート゜ワークを入念にする理由とは。

       

現在位置 :
強いパンチを打つ秘密はこちらのトップページに戻る
第一章「ボクシングの要素」
>

ボクシングの要素は本の第一章からどうぞ